疲労した目の予防のための予防医学

疲労した目の予防のための予防医学

パソコン、携帯電話でのメール、現代人には必須事項不可欠なコミュニケーションツールと為っている。
電話は耳と口を用いるが、メールは目と指を酷使する。
特に携帯電話は常に身近にあって、どのような場所にいても活用できることから、暗い部屋やベッドの中でもメールチェックをしている人が多いのではないだろうか。
このようなシチュエーションでは携帯電話の画面と目の距離が近くなり、目の筋肉が緊張して疲労を感じる目になりやすくなってしまう。
目の疲労感は肩こりや頭痛などの全身的な症状を生じ得る。
予防医学の観点からも、目を疲労させない使い方を心がけてみて欲しい。

 

テレビやパソコンの画面、本や携帯電話、これらを閲覧するときは視線がやや下向きになるようにすると、目の筋肉に余計な緊張を与えない。
また、暗い部屋で携帯電話を操作したりテレビを目にしたりすると、周囲よりも画面の方が明るくなるため、画面の光が力強い刺激となって目に入ってしまう。
暗い部屋のほうがテレビを見やすいという人もいるかもしれないが、目に余計な負担をかけないためにも部屋は明るくして見て欲しい。
テレビゲームなども、明るい部屋であるるようにすべきだ。
また、煙草(たばこ)の煙や排気ガスは目にも悪影響を及ぼす。
煙が目に入ると、それを流すために涙が使われてしまい、ドライアイの症状を強めてしまうのである。
煙草(たばこ)を吸わない人も、他人が吸っている煙草(たばこ)の煙をできるだけやめると目の負担が抑えれる。

 

こういった具合に、どれもちょっとした気配りで目への負担を軽減できることばかりである。
面倒がらずに目の健康のため、それにかかわる全身の健康のために、予防医学を実践してみて欲しい。

page top