ハードコンタクトレンズのケア方法

ハードコンタクトレンズのケア方法

ハードコンタクトレンズには、酸素透過性のものとそうでないものが有る。
コンタクトレンズを相当昔から活用していた人達は、酸素を透過しないレンズを活用しているケースの場合が多いものである。
このレンズは丈夫で、ケアはシンプルであるが目に与える影響が大きいので、いまではあまり薦められていない。
以前から活用している人が継続するケースの場合が大半だと思われるので、ここでは解説はひかえる。
酸素透過性のハードコンタクトは、コンタクトレンズ全てと比較すると一番安全なレンズだといわれている。
それは、酸素を一番目に与える作りに為っていることと、やっぱりハードコンタクトの異物感により、本人に異常がわかりやすいからである。
しかし、酸素を透過させるために、変形やキズがつきやすい作りに為っている。
なるべく長く活用するためには間違っていないケアの方法をガッチリしてやることが必須事項となる。
ハードコンタクトレンズのケア方法には大きく分けて2種類有る。
1つずつ解説してゆく。

 

≪こすり洗いタイプ≫
レンズをはずしてすぐに、人差し指と中指にレンズを乗せて洗浄液を3から4滴落とす。
爪をレンズにあてないように、親指、人差し指、中指を用いてレンズをこする。
このとき、10回ほどこすって終焉を迎える人が多いのであるが、できれば100回こすって欲しい。
洗ったレンズを洗浄液か、水道水で洗い流して保存液を満たした専用のケースにしまう。
装用するときは、ケースから出して同じく洗浄液か水道水で洗ってから装用する。

 

≪つけおき洗いタイプ≫
レンズケースに保存液を入れて、酵素剤を1から2滴プラスする。その中に外したレンズをつけこんで、一定時間そのままにしておく。
装用するときはこすり洗いタイプと同じである。

 

中には、日々はこすり洗いをして1週間に1度だけ蛋白除去をする、と言う事も有る。
メーカーの取り扱い解説書に従って欲しい。
これが普段のケアであるが、これを毎日実践していても汚れが取れないケースの場合が有る。
目の分泌物が気のせいか多くて、対応しきれないケースの場合などだ。
そのケースの場合は強力な研磨剤入りの洗浄液なども有るので、眼科医と相談してケア方法を決定して欲しい。
比較したらつけおきタイプのほうがシンプルに見えるが、私としては、やっぱりこすり洗いタイプをおススメする。
こちらのほうが、より綺麗(きれい)になるというのが経験上いえると思うからである。

page top