<花粉症の食事治療>魚チーズギョーザ

<花粉症の食事治療>魚チーズギョーザ

花粉症に効果のある食事とは洋食よりも和食中心の生活である。
ご飯に味噌汁、魚に野菜と和食を取る事が食事治療としてはベストなメニューである。
和食は洋食よりも脂肪分が少なくてミネラルやビタミンの釣り合いが良いのである。
更に和食では動物性よりも植物性の食品を良く使用しているので食物繊維が豊富に摂取出きて花粉症の食事治療として更に適切であるためである。

 

ここではおすすめの食事治療メニューとして、取りにくい「魚」をギョーザ風に仕上げたレシピを案内する。
お魚が不得意な子供でも口にしやすいとおもわれる。
殊更にアジやイワシ等食事治療効果の高いとされる青魚を使用していきたいとおもわれる。
また花粉症に効果があるとされる「シソ」もたくさん混ぜ合わせているから、魚とのW効果が待望できるのだ。

 

準備するものは、アジ2匹、ネギ2分の1本、シソ40枚、とろけるチーズ50g、にんにくとしょうが1片ずつ、酒と醤油大さじ2、塩少々、ギョーザの皮20枚である。
作り方である。
初めにアジは3枚におろして刻んでおくるのだ。
にんにくとしょうがをみじん切りにして酒と醤油を混ぜ合わせて10分置いておくるのだ。
ねぎをみじん切りにして、シソは千切りにする。
ねぎとシソをアジと混ぜ合わせる。
混ざったものにチーズをプラスしてギョーザの皮で包みるべきだ。
温めたフライパンに油をひいて、ギョーザを中火で焼くるのだ。
焼色が付いたら水を入れて蓋をして蒸し焼きにする。
最後蓋を開放したらごま油を少々入れたら表面がぱりっとしたギョーザのできあがりである。

page top