オバマ氏の演説とは?

オバマ氏の演説とは?

オバマ氏の演説の妙は、まず相手の目線で語る事である。
ここで云う相手と云うのは、聴衆の事である。
聴衆の視点から、オバマ氏のスピーチは開始する。

 

例を挙げると、「皆さんは本日、大企業やロビイストが主役であるためではなく、一般の人間が主役なのだと宣言した」等と云った感じの言葉を紡いでいくのだ。
これに拠って、一体感が生まれ、聴衆は一種の宗教に近いような空気になり、皆がオバマ氏に夢中に成るのである。

 

こういった手法は、子供と向かい合う教師や親の参照事項としてはベストである。
相手の目線に立つ事がどれほど重要か、子供を相手にすると良く理解できる。
子供は、自身より大きいものを恐れる。
そうなってしまっては、どんないい話をしても、どれほど好意的に接触しても、耳を貸そうとはしないだろう。
しかしながら、膝をかがめて、同じ目線になって話をすると、子供は警戒心を薄めてくれる。
この人は自身に好意的だと把握すると共に、威圧感がなくなる事で恐怖心が消失するからである。
勿論、話し方にかんしても同様である。
むずかしい言葉を使わず、易しい言葉で、簡潔に伝達する事。
これが、子供に自身の言葉を届ける上で重要な事である。

 

オバマ氏のスピーチには、それと共通する部分が数おおくみられる。
これは別に、聴衆を見下ろしているわけではないのである。
聴衆には多種多様な人がいて、その全てが同列ではないのである。
中には、それこそ子供だってる。
こういった人達を同じ目線で、フラットに話をする事が、スピーチに於いては重要であるためである。

 

気になる話題の調査報告

page top