「恋空」ドラマと美嘉の悲劇

「恋空」ドラマと美嘉の悲劇

たぶん「恋空2」や「恋空スペシャル」へつづくのかも知れない。

 

携帯小説→書籍化→映画化→ドラマ化、と来た「恋空」であるから、このままでは完了しないだろう。

 

もしかすると、別の著者の方の携帯小説で「恋空シリーズ」が出きたりするかも知れない。
美嘉の「恋空」は悲劇がおおく、何かを伝達する事を目的にしたものではなく、ただ美嘉の体験を映像にしただけなのかも知れない。
でもドラマでは何を伝達したいのかが確実に成るのじゃないだろうか。

 

ただ、美嘉自身が伝達したかったものとは何なのだろう。
数人の男に暴行された事等、人に認識されたくはない事であるよ。
映画なんて日本中で観られる訳であるし、どのような考えの持ち主が観るのかも理解出きる事ができないし、耳を怪しむような感想を述べる人もいるはずである。
そのような声は美嘉の元には届いていないのだろうか。
ただヒロを愛していた事を伝達したかったのだろうか。

 

「恋空」の映画の登場人物おのおのの方達も、この映画を観て何をおもったのだろう。
美嘉の親からしたら、やっぱり暴行シーンの映像化には逆するはずである。
人に伝達したい事、人に知られなくて良い事があるはずである。
何もかもさらけ出した美嘉に賛同はできない。
それでもつよく生きる人の手本にはなるだろう。

 

「恋空」のドラマでの新たな登場人物は、実在の人達なのだろうか。
登場人物のおのおのの方達は、この「恋空」に自身達が参加している事は承知なのだろうか。

 

世俗に有益な話柄

page top